元ベトナム農村住みの独り言

ベトナム関連の雑記とニュースを少々。あと野生動物生態学などのベトナム語記事の翻訳

大久保嘉人選手がスペインで成功しなかった理由

アナザースカイという番組で大久保嘉人選手がスペインのRCDマジョルカを訪ねてクラブハウスで用具係やチームメイトと再会してたけど全然スペイン語話せてない感じ…もちろん話せてるけど元気?とかそんな簡単なスペイン語だけだろうと思う。もったいない。スペイン語とかベトナム語に比べたら超簡単だと思うのだが

元南米住みでスペイン語ペラペラの人曰く「意思疎通にはまったく問題なくスペイン語話せるし覚えるのも簡単。でもベトナム語はマジで無理。2年住んでるけどまったく無理」って言ってた…ベトナム語頑張ってる人一緒に頑張ろう!

彼の才能+スペイン語=シーズン二桁得点だったかもしれないのに。中村俊輔も同様に残念すぎる…

下記のリンク先ではなぜ日本人選手がスペインで成功できないかを述べている。スペインではスペイン語できない奴はハブにされるみたい。ドイツではその逆でドイツ語話せなくても大丈夫のよう。ここにブンデスリーグでも日本人が活躍できる理由があるとみた!って同じことはリンク先にも書いてあるので2番煎じですが

思えば、多くの有名選手がスペインに挑戦しつつも、複数年に渡って大きな成功を収めた例というのがほとんどないのも、どうも「言葉が通じないから」のよう。
『サッカー「海外組」の値打ち』と『Number 2012年 5/24号』を読んで海外移籍を考える:マインドマップ的読書感想文

youは何しに日本へという番組でアーセナルレディースが日本に着た時ちょうど大野忍選手にインタビューしてたけど英語話せない感じだった。もったいなさすぎる~。彼女も一年で帰国。才能あるのにTT

ちなみに俺のイメージだとドイツ人の方が外国人をハブにする感じだけど違うようです。

追記 最近よくリーガ見るとマジで大変なリーグだと思う。大久保選手の2シーズン通して40試合6得点はすごい数字だと思うようになってきた。ごめんなさい。


広告を非表示にする