元ベトナム農村住みの独り言

ベトナム関連の雑記とニュースを少々。あと野生動物生態学などのベトナム語記事の翻訳

コンダオ島のウミガメの保護に尽力するレンジャー

20年以上もベトナムの南部カマウ省沖に浮かぶ Côn Đảo 島でウミガメの保護に尽力するレンジャーたちの記事。

記事の舞台になる場所は下の写真の赤丸に位置するコンダオ島
f:id:fukumorientes:20151014011013p:plain

コンダオ島でのウミガメの産卵の90%は、hòn Bảy Cạnh(本島横の小島)での産卵である。繁殖期は毎年4月~11月で特に多いのは6月から8月である。ウミガメの種類はヒメウミガメ(Vích)で50〜60センチ横幅20cmの穴を掘り産卵する

レンジャーの仕事は多岐にわたるがその内の一つでもっとも困難なのが密猟者との戦いである。今現在レンジャーは8人しかおらずとても広大な三つのビーチを見回わらなければいけない。産卵期にはバックパックを背負い夜通しビーチを見張る毎日。高さ2メートルのネットを張り巡らせそれにフックをかけて密猟者がからまりうごけなくなるトラップもしかけているが密猟は後を絶たない。密猟者をつかまえた時は仕事の懲戒解雇そして刑事訴追になるもよう。一つのスポット(産卵場所)に付き自治体の補助は3万ドンであるにも関わらずブラックマーケットでは10万ドンで取引されている。

コンダオ国立公園の統計によると1990年~2015年の間に数千のウミガメが島へ上陸して産卵を行ったとのこと。そして二百万匹以上の卵が孵化して海へと帰っていった。2014年にはほぼ1400程の巣を掘り起こし5万7千匹のウミガメを海へと返した。そして今年2015年は6月末までに種卵2,000個のうち500匹が孵化して海へと帰っていったとの情報です

f:id:fukumorientes:20150915005923j:plain

f:id:fukumorientes:20150915005928j:plain

Những người "đỡ đẻ" cho rùa biển - Tuổi Trẻ Online


こっちはウミガメ保全プログラムを撮影した動画。

ベトナム語だけど楽しそう。屋久島でウミガメ保護している団体に似た雰囲気。要約としては「ベトナム南部コンダオ島は東南アジア最大のウミガメの産卵地。当局や自然保護団体によって保護が行われているが卵の盗難が多いという現実。」みたいなこと言ってる多分だけど…

www.youtube.com

こっちは別の英語記事

f:id:fukumorientes:20170219020740j:plain

Sea turtle conservation in Vietnam's Con Dao Island (photos)




広告を非表示にする