読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ベトナム農村住みの独り言

ベトナム関連の雑記とニュースを少々。あと野生動物生態学などのベトナム語記事の翻訳

動物ネタ

ベトナムに生息する霊長類の女王

以前に密猟された記事を紹介したアカアシドゥクラングールというベトナムに生息するオナガザル科の猿。別の写真を掲載しているサイトがあったので紹介。画質はあまり良くないけどこちらの方が自然体の様子がわかる写真多数www.ithink-now.org霊長類の女王と…

ベトナム中部ダナンでアカアシドゥクラングールを密猟したベトナム人グループを逮捕

ベトナム中部のダナン市農業農村開発局はレッドリストにも載っているアカアシドゥクラングールを密猟したグループを逮捕したと発表英語名はRed-shanked douc Langur ベトナム語ではChà vá chân đỏ 或いは chà vá chân nâu オナガザル科でベトナム中部北部と…

山羊ではなく水牛を盗んだベトナム人を逮捕……

除草のヤギを盗んだ疑いでベトナム人が逮捕されたのは記憶に新しいが、あるベトナム語の意味をぐぐっていたら偶然水牛を盗んだベトナム人のニュース見つけてしまった3 thanh niên dắt trâu đang ăn cỏ ngoài đồng đi bánnews.zing.vn2014年12月15日、ハノイQ…

ベトナム幻の固有種 ドンタオ鶏

結婚式に招待されハノイ郊外に出向いた時の話式も早々に退席してさぁ帰ろうかとなった時に数人がおもしろいとこがあるからとみんなでぞろぞろといくことにぐふふ^^と良からぬことを想像しながら目的地に着くとそこには形容しがたい奇妙なルックスをしたニワ…

ヤマアラシの養殖 in 北ベトナム

ベトナム北部ではヤマアラシを食用飼育してるとこがけっこう多い。 かなり高くで売れるらしい。下のリンクにベトナムのヤマアラシの飼育について書かれているんだけど『非常に飼育が簡単で高い経済性を実現でき、病気にかかりにくい』と書いてある飼育場を見…

野生動物保全における一党独裁のメリット

以前ベトナムでのワニの再導入を簡単に記事にしたけど、改めて2001年プロジェクト発足から2005年の繁殖確認までたった4年ということに気付いて唖然。社会主義国家でトップダウンの命令が早いからでしょうか。 fukumorientes.hatenablog.jp クロコダイル専門…

イッテQでイモトが行ったヘビ村

録画してたイッテQでハノイ郊外にあるヘビ村なるとこが出てきた。レマット村 Lệ Mật, Việt Hưng, Long Biên, Hà Nội 初めて知った。調べてみたらハノイのロンビエンにある。普通に畑の穴ほったらコブラが出てきてビビった…越南時代は日本に比べて農村でも生…

増水した川で漁や釣りをするベトナム人

ベトナムに限らずどこの国でもそうだと思うけど 雨季の大雨で増水したり洪水になった時は必ず多くの人たちが川にいる 写真はBlack Riverの支流で撮った大雨の次の日(ベトナム名はSông Đà)日本語だとソンダー。ソングダーじゃないよ 観察していると田んぼや畑…

ベトナムのワニ再導入プロジェクト in カッティエン国立公園

ベトナム南部に位置するカッティエン国立自然公園その南側に広がるバウサウ湿地帯におけるワニの再導入プロジェクトの記事があったので紹介。Huyền thoại về đầm lầy nhiều cá sấu nhất Đông Nam Bộ 昔は蚊のように多くいたワニだったが食肉用やワニ皮のため…

ベトナム一号線沿いでワニ発見!第一発見村人により速攻売却される

ベトナムの南中部に位置するクアンナム省の一号線沿いでワニが発見される。 近くに水路もないので輸送中のトラックから落ちたと推測されるも 発見者のおっちゃんにより速攻売り飛ばされるおっちゃんは無事100万ドンをゲットする。100万ドンは47ドル三枚目…

ラオカイ省で開催されているベトナム北西部最大の水牛市

中国河口の街と境を接していて交易で賑わっているラオカイ省。 避暑地としてベトナム人にも人気のサパという街から115キロ程行ったバックハ-地区で開催された水牛市を紹介している生地。毎週土曜に開催されるベトナム北西部最大の水牛市で、買い手と売り手…

最後の野生のシャムワニ発見時の写真 in ベトナム

前回ベトナムで最後とみられる野生のシャムワニの記事を紹介したけど、 関連記事あったので紹介。www.tienphong.vn行き過ぎた乱獲により1992年には、世界自然保護基金の報告書に基づいてこの種は絶滅または野生でほぼ絶滅したと考えられていた。しかし東南ア…

洪水によるワニ大脱走という定期的速報を受けて狩りに走るベトナム人たち

ベトナムでは定期的に洪水で養殖施設やワニ園からワニが脱走するのですが、そんな時にベトナム人が取る行動が俺の中で話題に。以下は大脱走の概略ベトナム南部カインホア(Khanh Hoa)省で、鉄砲水により国営ワニ養殖所の一部が損壊し、数百匹のワニが近くの…

ベトナムで最後と見られる野生のシャムワニ

少し古いがベトナムで最後と見られる野生のシャムワニが亡くなったいう記事。2012年9月29日の朝、フーイエン省で釣りしてた老人が見つけたシャムワニの遺体体長3.2mで体重は100キロ以上あり見つかった場所はソンヒン地区の村で2005年に当局によりシャムワニ…

ダクラク省で見つかった皮を剥がされた小象の死体

ベトナム中南部のダクラク省(Tỉnh Đăk Lăk)で見つかった皮を剥がされ尻尾を切り落とされ足はボキボキになった小象の死体。リンク先の子象の遺体、胸糞注意加工処理なしBaby elephant dies with skin frayed, feet gone, tail severed in central Vietnam …

フクロウの赤ちゃん in イサーン (ภาคอีสาน)

タイのイーサーン住みの友人が市場で購入したフクロウの赤ちゃん。値段は40B。今だと147円ぐらいでしょうか。食用として売られていたらしい。 購入後森にリリースしてあげたと言っていたが、ちゃんと生きていけてるか普通に心配です。梟ではなくミミズクだ…

ベトナムで野生動物の気配を感じない理由

72歳の日本人カメラマンOhsaku Eiichirouさん が野鳥撮影しながらベトナムを旅をするという記事がThanh Nien Newsにあった。72歳の日本人の写真家はベトナムでは野生動物の写真を撮って日夜過ごし40の鳥と15の蝶の写真をポートフォリオに追加したり、旧正月…

ベトナムの少女失踪した愛犬を犬肉店で見つけて号泣の記事が間違いの可能性

ベトナムで5才ぐらいの少女が行方不明の犬を発見して号泣というニュース。http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/413381/Thanh Nien Newsなどのベトナム語のニュース記事を目にしてたけど流してた。以下概要引用先日SNS上で急速に拡散した写…

ベトナム北部ハザン省の闘山羊祭り

ベトナム北部ハザン省のHoàng Su Phìで2012年から始まった闘牛ならぬ闘山羊祭り。稲刈りの季節、各地域が山羊を持ちより競うといった祭り。9月から10月の棚田の収穫時期に観光客が押し寄せるこの地域で見逃してはいけない行事に闘山羊祭りがあるとな。伝統的…